日本の医学本と大学文献調査

日本の医学本と大学文献調査

アルカリイオン水は、活性酸素に作用してくれます

さらに、アルカリイオン水は、活性酸素に作用してくれます。炎症を起こす原因は、過剰に発生している活性酸素にあります。
この活性酸素を抑制する効果を持っているアルカリイオン水を飲用する事で、痛みもやわらげる効果が得られるのです。

病気を患ってしまうと、すぐに薬剤を思い浮かべる人も多いと思います

アルカリイオン水によって症状を改善

が、薬剤は肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。
アルカリイオン水であれば、肝臓や腎臓へ負担をかけることなく症状を改善する事が可能です。

ただし、アルカリイオン水によって症状を改善するためには、たくさんの量を摂取する必要があります。毎日2リットル以上の水を飲用するのが好ましいです。また、1日だけ飲めば効果があるというわけではないので、長期に渡って飲用する必要があります。

ですので、水の大量摂取だけで尿酸値を下げるのはなかなか難しい方法と言えます。運動・食事・サプリメントなどと併用して取り組むのがおすすめです。

その効果と問題点

アルカリイオン水を引用することは、病気の治癒改善に役立つだけでなく、体内の洗浄や、ひいては体質改善につながる効果をもちます。アトピーの患者さんには、「アルカリイオン水の日常的な飲用は体内を洗浄してくれるのです。ですから、アトピーのケアだけでなく、消化管や腸なども水できれいにしてくれるし、便秘のひと、逆に下痢気味のひとも便が正常化されますよ」と説明しています。

もちろん、100%完全にアトピーが治るとは言い切れませんが、私自身の経験ですと、水治療を行なったアトピー患者さんの50~60%の人が何らかの改善をしています。

ただ、水治療の問題は機械の購入代です。メーカーにもよりますが、最低10万円はしますので、決して安い買い物ではないでしょう。当院では、容器代の実費のみで、アルカリイオン水をお分けしていますが、水治療は毎日飲用するもので、その都度患者さんが重い水を運ぶのも大変ですから、結局はご自分で機械を購入していただく方がコスト的にも安くなる場合が多いのです。もっとも、医師の立場で、「機械を買ってください」とは申し上げにくいのが実情です。

私は、レンタルなどで手軽に機械を試すことができたり、もっと廉価な機械が発売されたり、医療費控除がなされれば、より多くのアトピー患者さんが利用できる条件が広がり、皆さんの健康に多少なりとも役立つと思っていますが、現状では困難なところに、この治療の難しいところがあります。

また、治療法も統一がとれていないのが実情です。

当院では、アルカリイオン水の飲用と、弱酸性の塗布という両方を兼ね備えた治療を行なっています。

水治療は暗中模索しながら、少しずつ前進していると思われます。

概 要
九州大学と株式会社日本トリムは共同研究を行い、分子状水素及び還元性ミネラルナノ粒子を含
む電解還元水が悪性のガン細胞であるヒト線維肉腫 HT-1080 細胞内の過酸化水素を消去し、
HT-1080 細胞の浸潤を抑制することを発見しました。電解還元水は関連する遺伝子発現の抑制及び、
関連するタンパク質分解酵素の活性を抑制するように働きかけることにより、ガン細胞の浸潤を抑
制します。電解還元水は少なくとも一部はその抗酸化作用によりガン細胞の浸潤を抑制することが
示唆されました。
これらの研究動向を解説した総説論文「健康に良い還元水研究の進歩」は高いインパクトファク
ターを持つ Trends in Food Science & Technology 誌に 2011 年 11 月にオンライン出版されました
が、2012 年 3 月まで同誌において最近 90 日間で最もよく読まれた論文の第一位を占めました。

 

 

ですので、水の大量摂取だけで尿酸値を下げるのはなかなか難しい方法と言えます。運動・食事・サプリメントなどと併用して取り組むのがおすすめです。

アルカリイオン水の効果として証明されているのは、「軽度の胃腸症状の改善に有効」という点です。

 

アルカリイオン水の効果・効能として、

  • 慢性下痢
  • 消化不良
  • 胃腸内異常発酵
  • 制酸
  • 胃酸過多

に有効であると証明されておりましたが、国民生活センターからの疑問があり平成5年から再度、効果の検証が行われておりました。

この検証は「アルカリイオン整水器検討委員会」によって5年にわたり実施されました。

 

【参考】  アルカリイオン水の効能効果|アルカリイオン整水器協議会

 

期待される効果 詳細
ダイエット 東北大学農学部の研究グループは、ハムスターにアルカリイオン水、酸性水、水道水の三種類を飲ませ、
それぞれの血液成分と体内の脂肪の割合を調べる実験を行った。
その結果、アルカリイオン水を飲んだグループはコレステロール値も脂肪の割合も低いことがわかった。
少なくともハムスターでは、アルカリイオン水の飲用が血中脂肪の代謝を高め、脂肪沈着を抑制する効果をもつことがわかったのである。
高血圧 埼玉医科大学薬理学教室では、食塩を摂取すると血圧が上がり、減塩すると血圧降下が認められる
「食塩感受性ラット」を用い、一方にアルカリイオン水、もう一方に水道水をそれぞれ一週間ずつ飲ませ、
さらに塩分濃度の異なる食餌を与える実験を行った。
その結果、アルカリイオン水を飲ませたグループは「血圧の上昇が優位に減弱」したという。
老化防止 同じ埼玉医科大学で、マウスをアルカリイオン水飲用と水道水飲用の2グループに分け、
2年以上にわたる生存率を比較する実験を行った。その結果、それぞれ75%死亡時で比べると、
アルカリイオン水のグループが約100日も生存日数が長くなり、アルカリイオン水の長期飲用による
老化防止の可能性を示した。
骨粗しょう症 カルシウム不足で飼育したラットに、アルカリイオン水を投与した結果、骨中のカルシウム濃度の上昇、
骨形成の正常化が認められ、骨粗しょう症への効能が期待されるという。

【参考】 水の健康学 P114|藤田 紘一郎  (著) 2004/7 新潮社

アトピーの還元水治療